|お問い合わせ|

原子間力顕微鏡 (AFM) 分野で世界的リーダーの Park Systems は、中国に北京オフィスを開設することを発表いたします。Park Systems は、中国の科学コミュニティが Park 社の AFM を使用するより良い機会を提供するために、かなりのリソースを投資しており、欧州や米国のお客様同様に、中国のお客様の研究やプロダクションリサーチに Park 社の AFM はその高い性能と費用効率を実証するものと確信しています。

カリフォルニア州サンタクララ、2018 年 11 月 13 日

原子間力顕微鏡 (AFM) 分野で世界的リーダーの Park Systems は、中国に北京オフィスを開設することを発表いたします。中国においてますます成長している AFM 技術への需要を受け、Park Systems は Park 社の AFM を備えた北京オフィスを開設することで、中国の主な科学研究所や研究・産業コミュニティへ直接的なサポートを提供することを決定しました。

Park 社北京オフィスのグランド オープニング セレモニーは、Park Systems 副社長 Sangjoon Cho 博士と天津大学の Lei Ma 教授、Capital National University の Lisheng Zhang 教授など著名な科学者によるトークを主体に 2018 年 11 月 22 日午前 9 時 30 分から催されます。このイベントには、北京オフィス内の見学とケーキ カット セレモニーも含まれています。

Park 社の北京オフィスには最新の Park 社製 AFM システム、Park NX10 が備わっており、上海の Park Nanoscientific laboratory には、Park NX20 が備わっています。それらは中国における原子間力顕微鏡の研究施設として使用され、すべての中国のお客様に強力な技術、アプリケーション、販売、CS サポートを提供します。

世界的な AFM メーカーである Park Systemsは、カリフォルニア州サンタクララ、日本の東京、シンガポール、ドイツのマンハイム、韓国の水原市を含む世界中の主要都市に地域本部を置いています。中国の政治、経済、文化の中心地として、北京支社の開設は、中国市場参入のマイルストーンを意味します。Park 社北京オフィスは、物質科学から化学、生物学および半導体に至るまで、お客様に最先端のアプリケーションを備えた高度な原子間力顕微鏡 (AFM) を実証します。

「非破壊測定であることとサブナノメートルの精度により、ますます AFM はその他の計測技術に取って代わり、ナノテクノロジー研究に選択されています。」と Park Systems 会長兼 CEO である Sang-il Park 博士は述べています。「Park 社北京オフィスは、試料に損傷を与えることなく、どのような環境下でも高い信頼性と再現性、そしてナノスケールのセル構造の高分解能撮像を特徴とする Park Systems 社製の最先端の AFM ナノスコピック ツールへの優れたアクセスを研究者に提供します。」

「Park Systems は、中国の科学コミュニティが Park 社の AFM を使用するより良い機会を提供するために、中国の新しいオフィスにかなりのリソースを投資しています。当社は、欧州や米国のお客様同様に、中国のお客様の研究やプロダクションリサーチに Park 社の AFM はその高い性能と費用効率を実証するものと確信しています。」と Park Systems グローバル セールス マネージャーの James Woo はコメントしました。「当社は中国のお客様を北京オフィスに招待して、Park 社製 AFM を使用してデモや研究を実施してもらい、お客様自身で Park 社が創業以来 AFM 技術の世界的リーダーとなっている理由を証言していただきます。」

Park 博士はさらに述べました。「Park Systems の SmartScan は、ワンクリックで高品質な画像を生成する、革新的で画期的な AFM スマートソフトウェアです。SmartScan は極めて広い汎用性、使い易さと品質を併せ持った、利用可能な最高の AFM 操作ソフトウェアです。」「Park 社の AFM は Z スキャナーとは分離した XY スキャナーを備えており、真の非接触モードと自動パラメーター設定を実現しています。」と彼は付け加えました。新しい AFM ピンポイント モードは、制御された接触力で、各測定点の機械的および電気的特性を精度良く測定します。ナノチューブをベースとするイオン伝導顕微鏡(SICM)は、高度な走査型電気化学顕微鏡(SECM)、走査型電気化学セル顕微鏡(SECCM)、そしてあるがままの状態での生細胞ナノスコピーを可能にします。AFM におけるこれらの新しい技術革新は、世界中の科学者がより良い科学的解明を達成するのに役立ちます。」

新聞発表