|お問い合わせ|

フライベルグ工科大学主催、Park Systemsおよび NanoScientific Journal後援のナノサイエンティフィック・フォーラム・ヨーロッパ(NSFE2018)がライブストリームで現在公開中です。今すぐ登録し、マックス・プランク研究所、ドレスデン工科大学、ルーヴェン工科大学、ケンブリッジ大学、ボローニャ大学、CPN-ISMN、およびimecの基調講演者と共にNSFEライブストリームイベントに参加してください。

2018年10月1日 ドイツ、マンハイム(PRWEB)

フライベルグ工科大学主催、Park Systemsおよび NanoScientific Journal後援のナノサイエンティフィック・フォーラム・ヨーロッパ(NSFE2018)がライブストリームで現在公開中です。

次のバーチャルコンファレンスセンターのライブストリームに直接登録してください: http://live.parksystems.com/ NSFEのカンファレンスウェブサイトとプログラムを確認するには次のURLにお越しください: http://www.parksystems.com/nsfe2018

今すぐ登録し、マックス・プランク研究所、ドレスデン工科大学、ルーヴェン工科大学、ケンブリッジ大学、ボローニャ大学、CPN-ISMN、およびimecの基調講演者と共にNSFEライブストリームイベントに参加してください。この公開されたAFMユーザーミーティングでは、材料とライフサイエンスの両方の分野における原子間力顕微鏡技術の開発と実装に関する素晴らしい見識を提供します。 NSFEでは、ナノメカニクスと電気的特性評価、SPMと生物学的応用、ナノ構造化、AFM方法論、そしてナノバブルに焦点を当てた特別セッションでの講義と実習を含みます。

ナノサイエンティフィック・フォーラム・ヨーロッパ特別セッション・ナノバブルは、フライベルグ工科大学とHelmholtz Institute Freiberの主力プロジェクトの資源技術の一部である溶融ろ過のようなエンジニアリングプロセスを取り上げています。 NSFEの他のイベントでは、カンファレンスディナー『Fusing Science&People』、Discovering Natural Treasures - terra mineraliaツアー&パーティー、AFMイメージコンテスト、主要大学の基調講演、ナノスケール顕微鏡に関するテクニカルセッションなどが挙げられます。

NSFEの主催者であるフライベルグ工科大学のUrsPeuker教授は、「私たちの研究の焦点である持続可能な資源技術、効率的な材料、代替エネルギーに関するヨーロッパで最初のナノサイエンティフィック・フォーラムを開催できることを嬉しく思います。」と述べています。

NanoScientificは最近、Lisa Ditscherlein女史による「ナノバブルとAFM測定と工学プロセスへの影響」と題する記事を発表しました。Lisa Ditscherlein女史は、フライベルグ工科大学、MVTATの機械プロセス工学と材料加工の科学研究者(PhD)です。記事はこちらからお読みになられます:http://nanoscientific.org/?p=5601

2018年にナノサイエンティフィック・シンポジウムとフォーラムが開始され、世界の最新の科学と技術を紹介するためにナノサイエンティフィックコミュニティが集まりました。イベントに参加できない場合は、ライブストリームおよびバーチャルカンファレンスでライブイベントの間あるいは後にコンピューター上で参加できます。2019年に、NanoScientific Journalは、さまざまなトピックで、各地で開催されるさらなるナノサイエンティフィック・シンポジウムのスポンサー務め続ける予定です。

フライベルグ大学概要

1457年に設立されたフライベルク大学は、世界でも屈指のドイツのエリート大学であり、ドイツで5番目に古い大学です。 フライベルグ大学は、科学と人文科学の主題を越えて長い教育の歴史があります。 フライベルグ大学は、120カ国からの留学生を集め、留学生数は全学生数の約16パーセントを占めています。 多くの有名な著名人、科学者、そして文化人が大学に出席または教鞭を執っており、19人のノーベル賞受賞者がフライベルグ大学に所属しています。 詳細についてはこちらまで: http://tu-freiberg.de/en

NanoScientific概要

NanoScientific Journalは、四半期ごとに発行され、幅広い分野にわたる研究分野であるナノサイエンスおよびナノテクノロジーの分野における進歩を紹介します。 各号は、最先端の科学研究アプリケーションと概念とバランスのとれたナノテクノロジーの動向に関する有益な記事を網羅しています。 NanoScientificは2014年以来出版されており、北米、ヨーロッパ、アジアで3万部以上の配布実績があります。 ナノサイエンティフィック・シンポジウムは、科学的知識を共有し、ナノ科学技術分野における継続的な関係を促進する目的から、世界中で公開されています。
ウェブサイト:www.nanoscientific.org

Park Systems概要

Park Systemsは、化学、材料、物理学、ライフサイエンス、半導体、データストレージ業界の研究者や業界エンジニア向けに、あらゆる種類の製品を備えた原子間力顕微鏡(AFM)システムの世界有数のメーカーです。 Park Systemsの製品は1000社を超える世界中の機関や企業で使用されています。 Park SystemsのAFMは、ユニークなテクノロジーと革新的 なエンジニアリングから、ナノスケールの解像度、最高の生産性、および最低運用コストを実現させ、ユーザーに最高のデータ精度を提供します。 Park Systems, Inc.は、カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、世界各地に製造拠点を持ち、韓国に研究開発本部を構えています。 Park Systemsの製品は、米国、韓国、日本、シンガポール、ドイツ、中国、インド、メキシコの地域本社、ヨーロッパ、アジア、アメリカの流通パートナーにより世界中で販売・サポートされています。 詳細については、ホームページ http://www.parksystems.comにアクセスしてください。

新聞発表