|お問い合わせ|

原子間力顕微鏡(AFM)の世界有数のメーカーであるパークシステムズは本日、カリフォルニア州サンノゼに拠点を置くMolecular Vistaに株式投資を行ったと発表しました。Molecular Vistaは、赤外光誘起力顕微鏡(IR PiFM)を使用した定量的視覚化による、分子レベルでの事象を理解するためのAFMのツールを提供します。

Molecular-Vista 700

Molecular Vistaはナノスケールのイメージングと分光法を提供する赤外光誘起力顕微鏡(IR PiFM)を搭載したVistaScopeと呼ばれる特別なAFMツールを開発、販売しています

 

PiFMは、AFMとIR分光法を1つの機器に組み合わせたもので、ナノメートルスケールでのトポグラフィーと化学イメージングの両方を取得し、様々な有機および無機材料に広く適用できます。

「私たちは、Molecular Vistaの独占技術により、AFM業界で最も急速に成長しているセグメントの最前線にそれらを置いていると信じています」とパークシステムズのCEOであるSang-il Park博士はコメントします。 「Sung ParkとMolecular Vistaの有能な管理チームは、エキサイティングな未来を持つ最先端の会社を作りました。そして、その一員となることを嬉しく思います。」

AFMは、ナノスケールのトポグラフィックイメージと、サンプルの機械的、電気的、およびその他の物理的特性を含む様々な測定を提供します。 そして、PiFMテクノロジーを追加することで、ナノ物理データと組み合わせた化学および分子組成情報を研究者に提供できます。

「パークシステムの投資は、テクノロジー主導のIR PiFMプラットフォームを大幅に拡大し、ナノスケールの分子および化学分析における重要な穴を埋めるのに役立ちます」と、Molecular VistaのCEO、Sung Parkは述べています。 「AFMの創設以来のリーダーであるパークシステムズが株式パートナーになったことを光栄に思います。」

パークシステムズについて

パークシステムズは、化学、材料、物理学、生命科学、半導体、データストレージ業界の研究者やエンジニア向けの幅広い製品を備えた、原子間力顕微鏡(AFM)システムの世界で最も急速に成長しているメーカーです。パークシステムズは、韓国証券取引所(KOSDAQ)で上場している企業で、韓国の水原(スウォン)に本社を置き、カリフォルニア州サンタクララ(米国)、マンハイム(ドイツ)、北京(中国)、東京(日本)、シンガポール、メキシコシティ(メキシコ)にオフィスを置いています。 パークシステムズの詳細については、http://www.parksystems.comにアクセスしてください。

 

新聞発表