|お問い合わせ|
  • Park
    NX12
    技術情報

技術情報

NX12-SICM-AFM-platform

マルチユーザーによる研究室での運用を考慮して製造

Park NX12は、マルチユーザー施設における使用を配慮して設計・製造されています。その他の一般AFMによるニーズに対するソルーションでは、施設で必要とされる幅広く且つ異なる要求に対応ができておらず、装置導入の投資効果の正当化ができません。しかしながら、Park NX12は、標準的大気中のAFMイメージング、液中SPM、光学顕微鏡機能又はナノ光学観察を1台だけで最も柔軟に対応しています。

 

共有施設や若手研究者向けにモジュラー設計されたプラットホーム

  Park NX12は、特に共有施設における研究者、及び分析や電気化学の研究者に向けて設計された原子間力顕微鏡プラットホームです。

  Park NX12は、プローブ操作に幅広い光学視野でアクセスができ、ピペット操作によるSPM技術を容易にしています。

  不透明又は透明な幅広い材料に対して大気中又は液中の環境において、化学的及び電気化学的性質や表面の特性について、幅広いSPM特性評価手法を提供しています。

  Park NX12のリーズナブルな価格や優れた精度により、共有施設における複数の研究者や若手研究者にとって理想的なプラットホームになっています。

 

多岐にわたるアプリケーション

Park NX12は、液中PinPoint™計測、ナノ機械特性マッピング、透過試料用倒立型光学顕微鏡、非常にソフトな試料、或いは透過試料の光学像のエンハンス機能等、広範囲な機能を搭載しています。

 

NX12-SICMNX12-pinpoint

 

NX12-Modular

Park NX12は、液中及び大気中環境下で幅広いアプリケーションでナノ機械特性の評価ができる完結したパッケージシステムです。

NX12-Modular

Park NX12は、光学顕微鏡用ハードウエア及びソフトウエアを後日に追加することで、研究室に必要な特別ニーズに合致するように簡単に変更ができます。

 


Park SmartScan™により高速で簡単な計測が可能

Park NX12は、SmartScan™ 新型OSを搭載しているので、市場において最も簡単に使用できます。直感的で且つ非常に強力なインターフェイスにより、訓練を受けていないユーザーが指導を受けなくても素早く試料の測定が可能です。これにより、シニア研究者はもっと大きな問題の解決や優れた解決法の開発にフォーカスした研究が進められます。

簡便な操作

共同研究所には、多くの場合幅広いバックグラウンドや経験レベルをもつユーザーが存在します。The NX12は、どんなユーザーにおいても、簡単なポイント&クリック操作だけで自動ソフトウエアのSmartScan™ モードを使用できます。

AFMシステムに電源を入れてからどのように操作するかを示します。

smartscan-workflow

1. “Setup”をクリックします

小さなウインドウが現れて、イメージングの為にどのように装置とサンプルをセットするかをアニメーションで説明してくれます。約数分の作業です。

2. “Position”をクリックします

システムが自動的にカンチレバーの周波数スイープを実施してからZステージがサンプルに近づいて行きます。また、サンプル面に自動フォーカスされるのでユーザはイメージングしたいエリアを選択できます。

3. “Image”をクリックします

システムが、最適設定の為に必要なすべてのパラメータをセットして、それからカンチレバーのエンゲージ及びサンプルのスキャンの開始を行います。イメージング計測の終了まで動作を継続します。

End

サンプルからカンチレバーが離れて、次のサンプルの測定ができるようになります。

NX12-技術情報