|お問い合わせ|

2020年10月27日、マンハイム、ドイツ

原子間力顕微鏡(AFM)の大手メーカーであるPark Systems Corporationと、持続可能なエネルギー供給のための材料の分野で国際的に有名で認められた研究センターであるHelmholtz Zentrum Berlin(HZB)は、 材料科学のための計測ソリューションの共同研究開発に関する契約に署名しました。

HZB

Helmholtz Zentrum Berlin © Copyright: V. Mai / Helmholtz-Zentrum Berlin

HZBは、エネルギー研究と量子材料の分野で強力な専門知識を持っており、一方でPark Systemsは、計測アプリケーション向けのナノテクノロジーソリューションの開発において20年以上の経験があります。この両者が互いに協力し、専門知識を活用することにより、既存のソリューションを調査および改善し、材料科学における将来のアプリケーション向けに次世代の測定技術を開発します。

「Helmholtz Zentrum Berlinのような著名な研究機関との新しいコラボレーションに非常に興奮しています。」とPark Systems Corporationの先端アプリケーション技術センターの責任者であるSang-Joon, CHO博士は述べています。「これは、Park Systemsの使命と一致しており、エネルギー変換や貯蔵などの関連アプリケーションを推進するためのナノテクノロジー機器の開発を支援することは、私たちの研究分野の一部でもあります。HZBとのコラボレーションにより、この分野で重要な研究がもたらされると確信しています。」

「Helmholtz Zentrum Berlinでの材料研究の飛躍的進歩を可能に するために、私たちは業界とのパートナーシップを拡大し、強化することを継続的に模索しています。特に、Park Systemsと協力して、科学研究のサポートをし、業界でも知られている強力なパートナーと協力できることを非常にうれしく思います。ナノサイエンスとテクノロジーの分野におけるこの新しい協力は、双方にとって非常に有益なことでしょう。」とHelmholtz Zentrum Berlin fuer Materialien und Energie GmbHの化学マネージングディレクターであるBernd Rech博士は付け加えました。

Park Systemsは、コラボレーションプロジェクトの目的として、博士論文の奨学金を挙げています。研究は、HZBでPark SystemsのAFM機器を使用して実施される予定です。

Park Systemsとは

Park Systemsは、原子間力顕微鏡(AFM)システムの最も急速に成長し、世界をリードするメーカーであり、化学、材料、物理学、ライフサイエンス、半導体、およびデータストレージ業界の研究者およびエンジニア向けの幅広い製品を提供しています。私たちの使命は、科学者やエンジニアが世界で最も差し迫った問題を解決し、科学的発見や工学革新の限界を押し上げるためのナノスケールの進歩を可能にすることです。 Park Systemsの顧客には、アジア、ヨーロッパ、南北アメリカの世界トップ20の半導体企業と国立研究大学のほとんどが含まれます。 Park Systemsは、韓国証券取引所(KOSDAQ)で上場している企業で、本社は韓国のスウォンにあり、地域の本部は米国カリフォルニア州サンタクララ、ドイツのマンハイム、北京、東京、シンガポール、メキシコシティにあります。Park Systemsの詳細については、http://www.parksystems.comをご覧ください。

 

ニュースリリース