|お問い合わせ|

原文:PR TIMES

原子間力顕微鏡(AFM)の急成長グローバルメーカーであるパーク・システムズ社は、ロボティクスと機械学習機能、安全機能、特殊なアドオンとソフトウェアを搭載した次世代AFMを発表しました。Park FX40は、イメージングにおける事前準備およびスキャンプロセスをすべて自動化した画期的なAFMであり、これまでにない技術を備えた次世代原子間力顕微鏡です。

「従来のAFMとは異なり、Park FX40はスキャンにおけるパラメーター及び事前準備に関わるすべての設定を自動で行います。たとえば、プローブ交換、プローブ識別、レーザーアライメント、サンプルの位置調整、サンプルへのチップアプローチ、イメージングの最適化などです。面倒で時間のかかるプロセスを省くことで、より効率的に研究を進めることができます。」と製品開発担当のRyan Yoo専務は述べています。「Park FX40には、弊社がこれまで研究してきたロボット技術が組み込まれており、さらに人工知能(AI)をシステムに統合したことで、イメージングにおけるすべてのタスクを自律的に行います。」

新しいPark FX40はこれまでのAFMの基本設計要素を維持しながら、測定における複雑な操作をシステムが独自に判断し実行できるように設計されました。これにより、まだAFMに慣れていないユーザーでも使いこなすことができ、熟練者でも適切なプローブの選択やロード、レーザーアライメントなどの時間の要するタスクをFXは自動的に行うため、時間を節約することができます。さらに、Park FX40はノイズを大幅に低減するエレクトロニクス、レーザースポットサイズの縮小、光学ビジョンの改善、マルチスナップインサンプルチャックなど、多くがアップグレードされています。

「Park FX40は、これまでのAFMでは経験することができなかった全く新しい技術を備えています。」とYoo専務は加えます。

Park FXに組み込まれた人工知能により、複数の異なるサンプルに対し、自動で最適なイメージングを行うことが可能です。そのため、データを簡単かつタイムリーに取得でき、研究のサイクルを加速することで科学の進歩に貢献することができます。Park FX40独自の環境感知システムおよびセーフティー機能により、最適なパフォーマンスを継続して提供します。

コロンビア大学の機械工学教授であるJames Hone氏は、「北米で初めてPark FX40原子間力顕微鏡を体験できることに非常に興奮しています。」と述べています。「Park AFMの長年のユーザーとして、私たちはこの次世代の新機能とアップグレードされた機能に非常に期待をしています。特に、人工知能とロボティクス技術を使用したAFMの自動化における画期的な進歩により、生産性が劇的に向上し、ナノメトロロジー業界に革新を起こすこととなるでしょう。」

Park社はネットワークを駆使し、 世界中の専門家や科学者と協力して、Park FXの設計に熱心に取り組みました。「私たち科学者は、AFMがナノサイエンスの革新に与えた影響を認識しており、次世代のAFMであるFX40によるこれまでにない科学的データを取得できることに期待しています。」とパーク・システムズのCEO兼創設者であるSang-il PARK博士は述べます。「機械学習とAIによる自動化機能を備えたPark FXを開発するという私たちの究極の目標が、科学的発見に新たな扉を開く一歩となれば幸いです。」

FX40の詳細は、www.parksystems.co.jp/fx40をご覧ください。

 

パーク・システムズについて

パーク・システムズは、原子間力顕微鏡(AFM)業界において最も急速に成長し、世界をリードするメーカーです。 化学、材料、物理学、ライフサイエンス、半導体、およびデータストレージ業界の研究者およびエンジニア向けの幅広い製品を提供しています。 私たちの使命は、科学者やエンジニアが世界で最も差し迫った問題を解決し、科学的発見や工学革新の限界を押し上げるためのナノスケールの進歩を可能にすることです。 パーク・システムズの顧客には、アジア、ヨーロッパ、南北アメリカの世界トップ20の半導体企業と国立研究所や大学のほとんどが含まれます。 パーク・システムズは、韓国の水原に本社を置き、米国カリフォルニア州サンタクララ、ドイツのマンハイム、中国の北京、日本の東京、シンガポール、 メキシコのメキシコシティに地域本部を置く韓国証券取引所(KOSDAQ)の上場企業です。 パーク・システムズの詳細については、www.parksystems.co.jpをご覧ください。

 

ニュースリリース