|お問い合わせ|
  • Park AFM
    スペシャルモード

Park AFM スペシャルモード

走査型サーマル顕微鏡(SThM)

sthm-mode

高空間および熱分解能顕微鏡

SThMモードでは、微細加工プローブを使ってチップとサンプル間の熱伝達を測定することにより、サンプルの局所熱伝導率を簡単に計測することができます。

Read More

 

functional-characterization-mode

 

アクティブなハードディスクスライダーの磁場端の凹みにおける温度マップ
スキャンサイズ :  2 µm
使用プローブ : Diamond indentor probe
Park XEシリーズ SThMモードにてイメージング

磁気力顕微鏡(MFM)

mfm-mode

磁気特性の高解像度および高感度イメージング

弊社のMFMモードでは、磁化されたカンチレバーとサンプル表面の間の相互作用を検出することにより、サンプル表面の磁気変動を測定します。カンチレバーは最初のスキャンで表面トポグラフィー、またはサンプル表面上の固定高さでの一定距離(または一定の高さ)を持ち上げて追跡します。

Read More

 

mfm-hdd

(a) トポグラフィー (b) MFM位相

HDD
スキャンサイズ :  5 µm
使用プローブ : PPP-MFMR
Park XEシリーズ MFMモードにてイメージング

磁場調整式磁気力顕微鏡(TM-MFM)

tm-mem-mode

磁気特性の高解像度および高感度イメージング

弊社のTM-MFMモードは、磁場の変化に対する磁区分布を測定します。

Read More

 

tm-mfm-yig

YIG
スキャンサイズ : 30 µm
使用プローブ : PPP-MFMR
Park XEシリーズ TM-MFMモードにてイメージング

化学力顕微鏡(CFM)

CFMは、機能化されたチップとサンプル間の化学的相互作用を測定して表面の化学的性質を決定し、化学結合エンタルピーと表面エネルギーの研究を促進します。チップは通常、金でコーティングされ、R-SHチオールで機能化されています。Rは、-CH、-COOH、-NH、-OHなどの対象となる機能的なグループです。

Read More

 


電気化学顕微鏡(EC-AFM)

EC-AFM、STMでは、電極表面での電気化学反応のナノスケール構造を観察できます。ユーザーは通常、電気化学セルを使用してボルタンメトリーおよび腐食実験を実行し、目的の電気化学的用途に応じてポテンショスタット・ガルバノスタットを選択します。

Read More

 


Special modes